鷹の俳人

髙柳克弘

髙柳克弘

1980年、静岡県出身、東京都在住
2004年、第19回俳句研究賞受賞。現在、俳句結社「鷹」編集長。読売新聞朝刊「KODOMO俳句」選者。早稲田大学講師。
句集に『未踏』(第1回田中裕明賞)、『寒林』。
評論集に『凛然たる青春』(第22回俳人協会評論新人賞)、『どれがほんと? 万太郎俳句の虚と実』『究極の俳句』。
児童小説に『そらのことばが降ってくる ――保健室の俳句会』。
鑑賞書に『芭蕉の一句』『蕉門の一句』『名句徹底鑑賞ドリル』など。
2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。

ミニ・アンケート

◆趣味:温泉めぐり
◆学生時代のあだ名:かっくん
◆好きな映画:『アマデウス』

人物評 川原風人

 髙柳さんは藤田湘子最晩年の愛弟子である。そして、俳句界全体の若手の旗手としても活躍を続けている。句集『未踏』での若々しい抒情、『寒林』での儚みに満ちた厭世観……自身と世界との対峙に意識的で、同じ場所に留まるところのない作家だ。また〈本書くに読む本の数柚子の花〉の句にある通り、芭蕉等の俳句研究者として求道的。ただ、浪漫的で俳句以外への頓着が少なく、どこか放っておけない一面もある。そんなやや脱俗的な孤高の星も、最近では家庭を詠む句がみられるようになってきている。これからは俳人達の標としてより暖かな光を投げかけてくれるかもしれない。

自選十五句

ことごとく未踏なりけり冬の星

つまみたる夏蝶トランプの厚さ

うみどりのみなましろなる帰省かな

洋梨とタイプライター日が昇る

眠られぬこどもの数よ春の星

ぼーつとしてゐる女がブーツ履く間

サンダルを探すたましひ名取川

月とペンそして一羽の鸚鵡あれば

嗚咽なし悲鳴なし世界地図麗らか

ビルディングごとに組織や日の盛

忘るるなこの五月この肩車

列聖を拒みて鳥に花ミモザ

子にほほゑむ母にすべては涼しき無

疫病が来るよ猫の子雀の子

部屋にゐて世界見通す寒さかな

他のページを見る