鷹の俳人

布施伊夜子

布施伊夜子

1938年  宮崎市に生まれそのまま宮崎市在住
1965年  俳句開始 「椎の実」入会   
1971年  「鷹」入会    
1972年   第1回鷹新人賞
1996年   第32回鷹俳句賞
2000年  鷹日光集同人
2015年  「椎の実」代表        
句集   『花期』 『荒樫』 『自註・布施伊夜子集』
宮崎日日新聞 宮日俳壇選者
宮崎県俳句協会顧問
宮崎県芸術文化協会評議員

ミニ・アンケート

◆趣味:ドライブ    
◆長所:大きな声 
◆短所:早とちり
◆自分を動物に例えると:母豚    
◆学生時代のあだ名:ヒヨコ
◆好きな映画:スペクタクル映画
◆カラオケでよく歌う曲:「星の流れに」「恋心」
◆苦手なこと:人の顔と名前を覚えること

人物評 田上比呂美

 鷹日光集同人の伊夜子さんは宮崎在住の俳人である。私たち宮崎の鷹衆は陰で親しみを込めて「親分」と呼んでいる。表立っては「伊夜子さん」。先生と呼ばれることを嫌う。毎月宮崎県内を車で巡り、各地域で指導句会を行う。北の高千穂へはもう30年近く通っている。そのバイタリティーには驚くばかり。
 宮崎唯一の俳句結社「椎の実」の代表でもある伊夜子さんの元には指導を求めて人が寄ってくる。来る者拒まず、去る者追わずの理念のもと、多くの人に指導を行っている。 
 また、伊夜子さんは歩く歳時記でもある。吟行の時は必携の人。植物はもちろん、鳥の鳴き声で名前を教えてくれる。頭の中にある俳句の知識をコピーして自分にペーストしたいものだ。

自選十五句

ふるさとに良縁を得し賀状かな

エジプトの恋猫の闇青からむ

より高き山へ山寄る暮春かな

湘子忌やむさしあぶみも花のとき

夏旺ん木の下に木の落すもの

桐落花地中は音の透くならむ

落鮎の瀬に雲下りる日なりけり

使ふ人ある泉の辺うつくしき

梅雨明や牛にお早う樹にお早う

群青忌木蔭大きいほど涼し

船虫や遠出にいまも茹玉子

雲なくば神話なからむ瓢の笛

竹の春帰路ほど馴れし道なかり

稚魚さへや鰭美しき冬はじめ

師恩とは木箱のころの冬林檎

他のページを見る