五人会賞受賞作品

第十二回 五人会賞受賞作品

エンタシス

新涼や尾根は朝日に翼成す

流れ来る山気軽しや桔梗咲く

蜻蛉の発てば草の葉撥ね戻る

ハーケンに遺るザイルや山澄めり

日に陰に嶺たたなづく野菊かな

山腹の土塁堅固やきりぎりす

とりかぶと雲山頂に迫り来る

風得たる草秋蝶を発たせけり

吊尾根を越す滝雲やななかまど

峰々を天は受け容れ濃竜胆

奥坂 まや

大谷 桂子

山中  望

六花 六兎

藤咲 光正

大久保朱鷺

宇佐美尚子

氣多 驚子

林  隆一

   まや

第十二回 五人会奨励賞作品

翔の会Ⅰ

夏の月サンドバッグを打つ女

床涼み口紅の濃き女づれ

遖の富士に樹海や誘蛾灯

足もとに波の音きく夜の秋

耳ぴくと猫の午睡や涼新た

境内にソースのにおい村祭

鶏頭や家督娘の黒バイク

初秋や川海老の腹透きとほる

芙蓉咲く墓石のまだ新しき

休日の鉄工団地赤とんぼ

髙𣘺 敦子

斎藤 陽子

有田 曳白

久保いさを

長谷川さだ代

   陽子

岩田 英二

   英二

  いさを

  さだ代