鷹の俳人

折勝家鴨(おりかつあひる)

折勝家鴨(おりかつあひる)

2003年 鷹入会 藤田湘子に師事
2005年 湘子逝去により主宰小川軽舟に師事
2008年 鷹同人
2012年 鷹新葉賞を受賞
2017年 第一句集『ログインパスワード』上梓
俳人協会会員

ミニ・アンケート

◆趣味:ミニチュア作成
◆好きな食べ物:草餅
◆長所と短所:どちらも 怖いもの知らず 
◆自分を動物に喩えると:アヒル
◆カラオケでよく歌う曲:実は軽舟主宰の前で山本リンダを披露したことがある
◆コレクションしているもの:設計建築士のミニチュア 
◆苦手なもの:ムカデ・ゲジゲジ・牡蠣

人物評 栗原修二

 SNSの無かった頃のハンドルネーム「せっかちあひる」が、俳号の元。自称の「せっかち」の通り超高速レスポンス体質。企業ドラマの主人公のように仕事ができる。その手配の迅速さ、緻密さで東京句会部長と事業部長を兼任している。鷹会員への面倒見の良さでも知られる。新入会員用の句会の取り纏めから地域の句会紹介まで、手厚いお世話係だ。
 そんな多忙の身でありながら、例会の翌日に山登り、釧路湿原での乗馬、モンゴル旅、演劇・歌舞伎鑑賞、と自身の体験値を積み上げる。
 当然のように句会も多い。先輩、後輩、新入会員の交差点となって動き回り、個性豊かな句づくりに繋げている。そう、「せっかち」は数人分の濃密な人生の「エンジン」なのだ。

自選十五句

梅白し死者のログインパスワード

クロッカス小指にできること少し

春の雲声出して今日明るくす

花時の頼りの夫の口座かな

働く日数えてしだれざくらかな

百合手向け手には掬えぬ海の色

流星や夜を覚えて泣く赤子

露の世や畑のなかのラブホテル

雨傘のままの黙禱萩の花

ローマ字を読めば日本語いわし雲

青林檎齧り天安門広場

桐は実に奇数は次の数を待つ

萩咲くや笑顔の母の近餓

地球儀を祖国に止める夜学生

滝古び父のマフラー母が巻く

他のページを見る