主宰・小川軽舟より


現代に生きる俳句 ご挨拶に代えて

私が俳句を始めたのは、大学を卒業して社会人になってからです。大学では法律と政治学を学び、文学青年とは程遠かったのですが、実生活とは違う次元での表現の機会を心のどこかで求めていたのでしょう。たまたま書店で手にした山本健吉の『現代俳句』に出てくる名句の数々に魅了されて、ぜひ自分でも作ってみたいと思ったのでした。

俳句はどういう場で学ぶかによってその後のありようが違ってきます。しかし、初心者には自分にふさわしい場がどこにあるかがわかりません。私は藤田湘子の「鷹」に入ってほんとうに幸運だったと思います。俳句の基本はしっかり叩き込みながら、それぞれの作者の個性を伸ばす。それが湘子の指導方針でした。私自身が育った「鷹」のこのすばらしい環境を保つことに、いまの私は全力を注いでいます。

俳句は古くさいものでしょうか。たしかに、昔ながらの歳時記や「や」「かな」などの切字、さらには学校で教わらない旧仮名遣いなどを大切にしているのは、現実から遊離しているように見られるかもしれません。しかし、ひとたび俳句を作ってみると、歳時記を通して目にする世界の見違えるようなみずみずしさ、古典に根ざした日本語の豊かさに、たちまちとりこになってしまうのです。俳句はけっして過去を向いたものではありません。俳句は何百年も続いた文芸ですが、いま俳句を作るのは現代に生きる私たちです。そこには必ず現代の息吹が通っているはずです。

俳句はなにしろちっぽけな詩型ですので、立派な主義主張を持ち込むのには適しません。大いに訴えたいことのある人は、他の表現手段に行ったほうがいいでしょう。俳句は自分をからっぽにする文芸です。俳句というフィルターを通すと、私たちの身の回りのすべてが、日常とはほんの少し違った光を放ちます。そこには私自身はえらそうに出てはきません。私はからっぽなのです。しかし、からっぽでよいと開き直ったとき、私は世界を産む力を得るのです。俳句とは、そういう不思議な文芸です。

俳句は日記をつけるように一人でノートに書き付けていてもなにも始まりません。仲間に読まれてはじめて俳句はいのちを得ます。句会でコテンパンに批評されるときもありますが、「ああ、おもしろい」と言ってもらえるときもあります。おもしろいのはからっぽの私を経由した対象そのものなのですが、ああ、おもしろいと言われると、からっぽの私もうれしいのです。そのうれしさを共有する場が句会というものです。 

泥に降る雪うつくしや泥になる   軽舟

これは私の作った俳句です。ぬかるみに雪が降っています。泥との対比で雪はいっそう美しく見えます。ああ、きれいだ、と私は思います。しかし、その雪は、次の瞬間には泥になっています。だからこそ、泥に降りそそぐ雪は、このうえなく美しいのでしょう。私はそれを見ているだけです。私はからっぽです。しかし、その雪を見届けたこと、それを十七音の言葉にできたこと、そして句会で仲間の共鳴を得たこと、それで私のからっぽは満たされるのです。それが俳句です。

俳句はあくまで現代詩だと私は思っています。ただし、その極端な短さを生かすために、何百年もの工夫がこらされています。だから表現技術は何百年分も勉強できます。しかし、俳句を作るその瞬間は、あくまで現代なのです。俳句は現代の詩としてどういう意味を持つのか。いまを生きる私たちの心に何をもたらすのか、私はいつもそのことを考えています。

Copyright (C) 2007 鷹俳句会 All rights reserved.