鷹の歴史


「鷹」の歴史を紹介します。

昭和39年、藤田湘子が中心となって「鷹」を創刊。水原秋櫻子の下で湘子が編集長を務めていた「馬酔木」の底辺をひろげ、俳句の実作や批評を活発にすることが目的でした。

昭和41年、飯島晴子が第1回鷹俳句賞を受賞。晴子はこれ以後、湘子とともに「鷹」を代表する作家として評論と作品においてめざましい活動をします。

昭和43年、湘子が代表同人から主宰となります。有季定型の伝統俳句を踏まえつつ、柔軟に時代の空気を吸い俳句の可能性をひろげようとする「鷹」の歩みは、ここに本格的にはじまりました。

昭和45年、湘子が「俳句」に評論「私詩からの脱出」を寄稿。境涯性への過度な傾きを戒めた斬新な評論で話題を集め、石川桂郎と論争になります。

昭和46年、湘子が現代俳句協会に入会(のちに副会長を経て退会)。「鷹」の作品がもっとも前衛的傾向を強めた時代です。

昭和48年、鷹新人賞創設。第1回を布施伊夜子が受賞。この賞は以後、多数の若手を俳壇に送り出しました。

昭和53年、湘子が「俳句」に評論「愚昧論ノート」を連載。高浜虚子の見直しへと大きく舵を切ります。

昭和55年、湘子は国鉄本社広報部を退職。俳句に専心する生活に入りました。後藤綾子が第26回角川俳句賞を受賞。

昭和56年、湘子が「俳句」に評論「俳句以前のこと」を連載。「愚昧論ノート」の続編とも言えるこの評論で湘子は「一日十句」を決意します。

昭和58年、2月4日から湘子の「一日十句」開始(3年間継続、「鷹」に全句掲載)。永島靖子が第七回現代俳句女流賞を、菅原鬨也が第29回角川俳句賞を受賞。

昭和60年、俳壇最高の賞・蛇笏賞選考委員を湘子が委嘱されます(平成16年まで)。

昭和61年、俳句研究賞選考委員を湘子が委嘱されます(平成16年まで)。

昭和63年、『20週俳句入門』(立風書房)刊行、入門書のロングセラーとなります。

平成7年、奥坂まやが句集『列柱』により第18回俳人協会新人賞を受賞。

平成8年、結社活動の活性化を期して第二次「鷹」発足。地方の小句会「五人会」の活動がはじまります。

平成9年、4月、湘子がNHK俳壇の選者に就任(2年間)。6月、飯島晴子が句集『儚々』により蛇笏賞を受賞。12月、湘子が「日経俳壇」選者に就任(逝去まで)。

平成10年、小澤實が句集『立像』により第21回俳人協会新人賞を受賞。「あかつきに雪降りし山神還る 湘子」の句碑が長野県大町に建立されました。

平成11年、小澤實の後を受けて、小川軽舟が編集長に就任。岩永佐保が第13回俳句研究賞を受賞。

平成12年、湘子の句集『神楽』が第15回詩歌文学館賞を受賞。6月6日、飯島晴子が逝去。

平成14年、小川軽舟が句集『近所』により第25回俳人協会新人賞を受賞。7月15日、飯島晴子を偲ぶ会開催。

平成15年、加藤静夫が第48回角川俳句賞を受賞。

平成16年、有澤榠櫨が第18回俳句研究賞を受賞。

平成17年、柳克弘が第19回俳句研究賞を受賞。小川軽舟が評論集『魅了する詩型―現代俳句私論』により第19回俳人協会評論新人賞を受賞。4月15日、藤田湘子逝去。小川軽舟が主宰に、柳克弘が編集長に、それぞれ就任。

平成18年、4月号をもって「鷹」は500号となりました。これを記念して小田原文学館に湘子句碑を建立。小田原の海を見つめて育った湘子の若き日の代表作「愛されずして沖遠く泳ぐなり」が刻まれています。500号記念大会は湘子の生地・小田原で開催。湘子の俳句理念を受け継ぎつつ、そこに現代の息吹をふきこんでゆく営みが誓われました。湘子亡きあとの「鷹」のあたらしい歩みは、今はじまったばかりです。


Copyright (C) 2007 鷹俳句会 All rights reserved.